ホームその他チャイムズクエストの自作ゲーム
2013.01.31

チャイムズクエストの自作ゲーム

下へ移動 Ctrl + END
 

突然ですが、PC98用RPG制作ソフト「チャイムズクエスト」をプレイします

SRPG タイトル画面

タイトルはSRPG。Sは何の略が気になりますが、雷みたいなデザインで恰好いいと思って付けただけで特に意味はありません。

 SRPG おつかい

(1)ゲームスタート。最初は長老からのクエストで、隣の魔術師に薬を届けるおつかいです(ありがち)。

(2)魔術師は友好的で、楽々クエストクリア。そうそう、今作は街とフィールドが一体となっています。ヘラクレスの栄光1のタイプですね。

(3)その後いろいろあり、態度が急変。兵士に囲まれ戦闘になります。

(4)なんと、魔術師はモンスターだった!! そのまま戦っても敵が強すぎて勝てません。

SRPG 後ろから攻撃

(5)武器として売っている「ハンマー」を持っていると・・・SRPG スプリクト

(6)杭(?)がへこんで先へ進めるところがあります。ゼルダの伝説(SFC版)の影響を受けていますね。

(7)壁をすり抜けて、敵の後ろへ。このあたりはファイナルファンタジー5の影響でしょうか。

(8)そして、敵を後ろから話しかけ戦闘になると、敵が弱いので勝つことができます。同じグラフィックの敵を2種類用意してフラグで判定しています。

モンスターは大ボスの子供でした。伝説の塔(秘宝がある)の封印が解け中に入られるようになります。

SRPG 塔の中

ダンジョンっぽいところや、ゼルダの伝説っぽいところ。地下(闇)の世界は、FC版ウルティマの影響かなぁ。ブライ下巻のような立体的なマップもあります。塔の中は別世界といいつつ、なんでも詰め込んだだけですね。

そうそう、迷いの森の抜け方や動くブロック(スプリクトでダンテ98より細かい動作ができます)は全くのノーヒントです。ゼルダの伝説を知っている方にとっては常識ですからね(おいおい)

SRPG エンディング

(9)秘宝の力によって最後は空中戦。

(10)任務完了。長老に報告すると・・・

(11)なんと、長老が真のラスボスだった!! なんでやねん。何の伏線もないのでポカーンとなります。

(12)そして、主人公は次なる未知の世界に旅立つのでした(完)。別の新しい世界での続編に続けることができる安易な手法ですね。そもそも、主人公はこの世界に何の未練もなかったのでしょうか。

SRPG 敵たち

半年くらいかけて作ったゲームですが、30分でクリアしちゃいました

レベル上げをして武器を購入しないとクリアできないので、一応RPGといえるのではないでしょうか。マップチップを描くのに労力を使いすぎて、敵のグラフィックは適当でした。ネタに走った敵もいますし・・・。でも、この貧弱なグラフィックエディタでちまちま作った当時の情熱を今も持ち続けたいものです。

戻ります